弓道の早気克服トレーニング方法-前半

045947「早気」とは、本来ならまだ引き納めしていないポイントで離れをだしてしまう事を言います。この早気は、射癖の一つとしてとても有名で、誰もが陥る可能性があり、一度なってしまうと克服するまでにとても苦労します。

最悪の場合、弓道引退時まで改善出来ない、そんなケースも多々見かけます。

早気の予防方法は?

そもそも、病気と同じで日頃の「早気予防」が大切になってきます。その予防方法が「1つ1つの動作に間をあけて行う」事で、これだけでも大分違うと思います。

弓道になれてくると弓を引くまでの動作よりも引いたとき、すなわち「引き分け~会」と呼ばれる動作の方ばかりをどうしても気にしがちになってしまうので、その結果体配や、射法八節(特に足踏み~打ち起こしまで)がどうしても雑になってしまいます。そうなってしまうと1つ1つの動作が早く適当になり、結果として早気を起こします。

要するに、「せっかち」にならないことが早気予防で最も大切なことなのです。

でも、もし早気になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

私が思うに最も効果的なのは、「ゴム弓で会を保つ練習をする事」と「弓の重さを軽くすること」この2点だと思います。前の方は初心者の方、後者はある程度経験なさっている方がやるといいと思います。

これを読んだ方は、「ゴム弓で会を保つ練習」はその意図が分かるかと思いますが、なんでわざわざ早気の克服に「弓の重さを軽くする必要があるんだ?」と疑問に思われたかと思います

が、その理由は次回語りたいと思います。

後編はこちら

2014年8月8日 コメントは受け付けていません。 弓道