弓道の早気克服トレーニング-後半

045947前回に引き続き、今回も「早気」の克服トレーニングについて考えていきたいと思います。

前編はこちら

前回の最後の方で、『私が思うに最も効果的なのは、「ゴム弓で会を保つ練習をする事」と「弓の重さを軽くすること」この2点だと思います』と書きました。

前者は皆さん理解できるかと思いますが、後者の方は「なんで?」と疑問をお持ちになった方もいらっしゃるでしょう。

軽い弓にすることで、何が出来るようになると思いますか?

早気とは「引き分けと会」が一緒になってしまった状態のなで、まずはこれらを一つ一つの動作として、もう一度出来るようにする必要があります。つまり、弓を軽くしてしっかり引き納め、狙いをつけれるようにしようというものです。

さらに弓が軽くなれば当然矢や飛ばなくなるので結果としてしっかりと会で伸びあわなければ、矢が飛びません。これらのことからこのやり方で、早気が改善できると思います。

私がおすすめする早気の克服方法

しかし、今回はこれだけでは終わりません。もう一つこれは自己流ですがアドバイスをしたいと思います。それは「歌を歌う」たったこれだけです。雑念をもってはいけないスポーツなだけに、もしかしたらタブ―な行為かもしれませんが、これで私は早気を克服することが出来ました。

やり方は引き分けから会に入る時に、自分の好きな曲のワンフレーズを心の中で歌い、それを歌いきったら離れを出す、このようにやります。ただ最初の頃はあまり長いフレーズの曲だと耐えれないで離れを出してしまうと思いますので、ファミマの入店音などの長さのフレーズから始めることをお勧めいたします。

どんなことも簡単なことから難しことをだんだんチャレンジしていくという「段階づけ」という考え方が大切なので、無理のないように実践して見てください。

2014年8月8日 コメントは受け付けていません。 弓道