シニア女性のための卓球ラケット-ラバーの選び方

039729卓球ラケットのラバーについてとシニア女性のためのラバーの選び方について解説します。

ラバーの色は「赤」と「黒」のみです。ラケットの両面にラバーを貼る場合、片方の面に「赤」、もう片方の面に「黒」を貼るようにしましょう。

ラバーは大きく3つに分けられ、表面が平らで回転がかけやすい裏ソフトラバー、表面に粒があって球離れの早い表ソフトラバー、表面の粒が高い粒高ラバーがあります。

表ソフトラバーや粒高ラバーは初心者にとって扱いが難しいので、初めは裏ソフトラバーを使うようにするとよいでしょう。

ラバーの構成

ラバーはトップシート(表面のゴムの部分)とスポンジから成っていて、同じトップシートのラバーでもスポンジの厚さは何種類かあります。スポンジは厚くなるほどよく弾みスピードも出ますが、コントロールが難しくなります。またスポンジの厚いラバーは重くなり、スイングに力が必要になります。このため初心者には「中」や「薄」の厚さから始めることをおすすめします。

裏ソフトラバーについて

さて裏ソフトラバーは初心者から上級者まで幅広い層のプレイヤーに使われていますが、さらに「テンション系」「高弾性」「粘着性」「コントロール系」の4種類に分けられます。

テンション系の裏ラバー

このうちテンション系は常にゴムが引っ張られた状態にあるように作られたラバーで、非常によく弾みコントロールが難しいので初心者にはおすすめしません。また粘着性ラバーは表面に粘り気があり回転がよくかかりますが、初心者にはやや扱いにくいので、こちらもおすすめしません。

高弾性ラバー

高弾性ラバーはスピードが出しやすく回転もかけやすいのが特徴です。初級者から上級者まで、幅広い層に用いられています。とはいえ近年はより弾むテンション系のラバーが主流になってきているので、高弾性ラバーはテンション系ほどスピードが出ないが、コントロール系よりスピードが出るラバー、と考えても誤りではないでしょう。

コントロール系ラバー

コントロール系は、弾みや回転が適度でボールをコントロールしやすいのが特徴で、一般的に初心者向きとされます。しかしながらシニア女性の場合、ボールを打つ力が弱いので、コントロール系のラバーではボールに威力が出なかったり、さまざまなコースへの打ち分けが難しくなったりすることもよくあります。これでは上達のためにプラスになるとはいえないでしょう。

初心者シニア女性におすすめのラバーは?

そんなわけで筆者個人として、初心者のシニア女性には、高弾性の裏ソフトラバーをおすすめします。スポンジの厚さはフォア面が中、バック面は薄または中がよいでしょう。適度に弾んで、コントロールもしやすく、ボールを打つ力の弱さもカバーできると思います。