敬老の日はいつ?由来や歴史は?

083593敬老の日は毎年9月15日とされています。これはこの日に聖徳太子が建てたとされる、昔版老人ホームである「非田院」が建てられた日でもある事から、この月のこの日が敬老の日と定められたと言われています。

他にはもう一つ由来があり、

それには養老の滝が関係していると言われています。養老の滝の水を飲んだり浴びたりすると若返るという噂を聞き、当時の天皇が若返り効果のある「養老の滝」へ向けて旅立ったのが9月中旬である事から、9月15日に敬老の日としたと言われているのです。

2つの由来の実際のところは?

二つの由来を見比べて感じた事は、聖徳太子説が最も有力なのではないか、という事。養老の滝説はどちらかというと後付けのような気もしますし、なんだか無理やり型にはめたという気もします^^;しっくりくるのはやはり、聖徳太子説なのではないでしょうか?

敬老の日の歴史について

また、敬老の日が日本で設定されたのは1947年、兵庫県にて。「老人を大切にしよう!」との村長の言葉から「としよりの日」を制定。また9月は一年のうちでも最も良い気候である為に9月に設定したとも言われているのです。

その後毎年9月15日になると敬老会が開かれる事になり、それは県全体へと広がっていきました。この経緯により、「やっぱり9月15日はとしよりの日にしよう!」という事で、正式にこの日に決められたという経緯があります。…が、やっぱり「としより」という表現は良くないという事で、改め「老人の日」と変更されたそうです。

そこから「敬老の日」となったのは、「こどもの日」や「成人の日」はあるけど、敬老の日が無いのはおかしい!との声によって、「敬老の日」と呼ばれるようになったのです。敬老の日は「これまで数々の多難を乗り越えてきたお年寄りに敬意を払い、尊敬する日」という意味が込められているのです。