立石流四間飛車の攻め方と対策

a1180_008697
本戦法はアマチュアの立石勝巳さんが開発した戦法で、この戦法を開発したことによって立石さんは「升田幸三賞特別賞」を受賞されていて、プロが指すことも度々ありました。

現在は居飛車側の対策が進み、プロの間では滅多に指されることは有りませんが、それでもアマチュアの間では根強い人気があります。

立石流は3、4筋の位を取り、途中「振り飛車には角交換を挑め」の格言通りの角交換を許していしまいますが、立石流側は左辺の桂をはね飛車を浮き3筋に展開させ「石田流」に組むのが狙いです。

左金は左辺の守りに使います。

美濃が片美濃になり玉形が薄く感じますが、左銀をにょきにょきと移動させ58のポジションに着かせることによって58銀型の美濃が完成します。

それでも58金型の美濃に比べ使い勝手が悪いと思われるかも知れませんが、左金で左辺を守って帳尻を合わせることができます。

私は何度か指したことは有りますが、序盤早々角交換から大駒が派手に飛び交う本戦法は、その他の四間飛車と違い派手で独特な印象を感じました。

普通の四間飛車に慣れてしまっている私は、立石流は石田流の好形に持っていく時、左銀を活用する時に手数を掛ける為、少々難解で指しづらさを感じます。

ただしそれは好みと慣れの問題であり、この戦法の優秀さは他のアマチュアの方が多く指しているのを見れば明らかです。

左金の扱いと左銀を匠に扱う事が出来れば立石流を得意中の得意戦法にすることができると思います。

2014年8月3日 コメントは受け付けていません。 将棋の戦法