ベトナム旅行での安全なタクシーの見分け方

031352ベトナムは最初の700mmは日本円で12000ドン(約60円)と物価の関係でタクシーの値段もかなりお安いので慣れない海外で歩いて行動するのも大変なのでこの価格はとても魅力的!

ですが、気をつけないとぼったくりタクシーにひっかからないためにもきちんとしたタクシー会社のタクシーに乗りましょう。

「VINASAN(ビナサン)」「MAI LINH(マイリン)タクシー以外は乗らない」

タクシーのドアには必ず社名が記載しています。会社名を記載していないタクシーはまずぼったくりの個人タクシーが多いので要注意。

ここで気をつけていただきたいのが、ビナサンやマイリンに似せた偽物タクシーが主に観光地付近で待ち伏せしています。

見分ける方法:タクシーには社名と電話番号が記載されています。

ビナサンは「38 27 27 27」
マイリンは「38 38 38 38」

とこの数字が記載されているタクシーは比較的安心です。

「タクシー運転手の服が私服は偽物」

ビナサンとマイリンには必ず制服が支給されているのですが普段着のような服装の運転手は偽物の可能性が高いです。

「貨幣の価格間違いに気を付けて!」

ベトナムの貨幣はドン(VND,Dong)は日本円で約50円でも10000ドンと貨幣のケタが多いので支払う時に間違ってしまうことが多い。

悪いタクシー運転手は観光客だと分かると桁が分からないと思い、わざと大きい貨幣を取ったりしまうのでよっぽど乗り回さない限りは100,000ドン(約500円)は超えません。

空港から日本人客が宿泊しそうな4,5つ星ホテルまで約40分の距離があって、やっと150,000ドン(約700円)ほどになります。

ベンタン市場やサイゴン大教会を回るくらいならそこまで金額は超えないことを目安に考えましょう。

「まとめ」

スリやぼったくりにあってしまうとせっかくの旅行が台無しですよね。

ですが、歩いての行動はベトナムは平均気温33度なので、熱中症にかかる危険性もありますので上手くタクシーを利用して楽しいベトナム旅行を!